スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の心

ロンドンオリンピックで選手のインタビューを聞くと

「周りの方々の支えがあったのでメダルを獲得出来ました。皆さんに感謝します。ありがとうございました!」と笑顔で答えている選手が多いことに印象を受けます。

この言葉を自然に出せることは、とても素晴らしいことだと思います。
インタビューを聞く度に、どれだけ日々の努力と周りの方々の支えがあったのかを思いますと、涙が出てきます。また、日頃の練習にはかかせないのが食事内容です。縁の下の力持ちこそが毎日の食事です。
毎日厳しい練習に耐えることの出来る体作り = 栄養のバランスです。



選手のように、感謝の言葉を誰かに伝えていますか?
一番近い方へ感謝の言葉を伝えてみませんか?

例えば、毎日の食事。
作ってくれた方に感謝しましょう。
食べている食材にも感謝しましょう。
「いただきます」の言葉です。

《いただきますのこころ》
数えきれない多くの命の犠牲の上に、私達の一生が築かれています。
食卓にのる食材は全て「いのち」です。食事の時に手を合わせ「いただきます」と言うのは『多くの命を口にして生かせていただきます』の省略形です。そして食後は、それら多くの「いのち」に対して、心から「ごちそうさまでした」の感謝をしましょう。

《不殺生のこころ》
「生きとし生ける生命を殺してはいけません」
でも…食卓の上には、お肉や魚・野菜や果物。これ、全部「いのち」あるものです。

ムカデ殺すな!ゴキブリ殺すな!であれば何とか方策もありそうですが、私達が元気に生きていくためには、食べないわけにはいきません。限りある地球上のさまざまな命を頂いて、私達の生命は成り立っています。生かされて生きていることを自覚し、かけがえのない自他の命を、積極的に生かしていくことが、不殺生に生きるということです。

「いただきます。ごちそうさま。ありがとうございます。」子供達に忘れずに伝えたい大切な言葉です。


また、ご先祖様へ感謝しましょう。
お盆の季節になりました。お墓やお寺の納骨堂へ行き、お掃除してキレイにしたら手を合わせ、自分がこの世に生れて幸せに暮らしている事への感謝の気持ちをご先祖様へ送ります。

またお墓やお寺に行かれる際は、お子さまやお孫さまも一緒にお参りしましょう。小さな頃から連れて来られることは、とても大切な事です。お子さまやお孫さまがご先祖様を理解し、連れて来た方への感謝する心や家族の大切さを自然と生活の中で勉強します。



黒髪山大智院のお盆法要のお時間は
11・12・13日 10時~です。(お護摩祈願はありません)
※朝は9時開堂~午後5時には閉堂終了です。


                           img211.jpg



スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

クロカミザン

Author:クロカミザン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。